新築同様に仕上げる|省エネを目的とした自動制御システムの導入
作業者

省エネを目的とした自動制御システムの導入

新築同様に仕上げる

ヘルメット

老朽化する建物管理が足かせに

ビルのあの部分は治したばかりなのにとか、ビルのあそこは数年前に修繕したけどまた駄目になっている、ということを聞いたことがあるだろうか。建物や設備の保守点検、つまりメンテナンスは企業にとってはしなくてはいけない重要事項だ。しかし、最近は長引く不況の中でこの設備投資ともいえるメンテナンスにかける費用が捻出できない企業が多いようだ。そうなると一番怖いのが、設備のメンテナンスのメンテナンス不足や手抜き工事という分野だ。この設備メンテナンスは定期的に行うものだが、これを怠ると、事故につながり、中には従業員を巻き込む大災害にもなりかねないのである。そうならないために企業は、保守点検作業にある程度の予算をとりわけ、費用をかける必要が生じる。つまり、大規模修繕は欠かせないといえる。

費用を掛ける時には惜しみなく

上記にも伝えたように、ビルや建物や設備等にメンテナンスつまり、保守点検が欠かせないのは理解できただろう。とはいえ、企業としてはこの保守点検作業においても、経費を抑えたいのが山々だ。では、こういった場合にはどのような対応がベストだというのだろう。まず必要なのが、ビル管理等の維持に関して、必要な修繕には小手先の対応ではなく、大規模修繕で臨む事が必要であるという事である。この修繕に関して中途半端な態度で臨むと、後に手直しややり直しにより逆に費用がかさむ結果になりかねないのである。だからこそ、この点で大規模修繕で臨む事は必要なのである。また、従業員が働くビルや商品製造などを行う工場などで、事故を減らす事ができれば、それだけ余分な経費や時間を奪われなくて済み生産的だといえるのである。では、この設備や建物メンテナンスにおいて、修繕が必要な場合には小手先の修繕ではなく、大規模修繕をはかり、経費の節約してみるのはどうだろうか。